「銀の実」日記

ginnomi.exblog.jp
Top
シェフィールドのバターナイフ
2017年 10月 25日 |
台風が過ぎてから、寒くなりました。いよいよ落ち葉の季節。集めるのは重労働です。

さて今回は、カトラリーでは有名なシェフィールドのバターナイフをご紹介します。
a0147056_11115120.jpg
長さ17.5cm。重さ、36.0gの堂々とした存在感のバターナイフです。








a0147056_11140526.jpg
でも作りは繊細です。エングレーヴィングのいろいろな技法が使われていて、目を楽しませてくれます。









a0147056_11154098.jpg
昔の職人さんの心意気が感じられるていねいな仕事。








a0147056_11170490.jpg
1906年、シェフィールドのホールマーク。メーカーは、Atkin Bros -Harry Atokin- です。
18世紀半ばからシェフィールドで活躍した有名メーカーのようです。







a0147056_11214849.jpg
a0147056_11221770.jpg
裏には木の葉が彫られています。







a0147056_11220074.jpg
余談ですが、木のバターケースは冷蔵庫に入れてもバターがカチカチにならず、おすすめですよ。








a0147056_11244588.jpg
柄も凝った造形と彫りですね。








a0147056_11253251.jpg
イニシャルは入っていません。








a0147056_11261208.jpg
110年前の名品を愛でながらパンをいただくと、朝から気分が良くなりそうですね。
sold


a0147056_11275539.jpg





[PR]