「銀の実」日記

ginnomi.exblog.jp
Top
カテゴリ: ■番外編■( 10 )
|
|
2015年 12月 02日 |
12月になりました!「銀の実」では今年もクリスマス特集&セールを行います。
毎週水曜日に新しいアイテムとセールのアイテムを一緒に載せますのでご覧ください。
お取り置きもできます(1ヵ月以内でお願いします)。セール価格は12月30日までです。

それではゆっくりとご覧ください。

クリスマスといえばやはりフランス製のロザリオを第一に思い浮かべます。
a0147056_12394665.jpg
今年はこんな赤珊瑚のロザリオをご紹介できました。
珊瑚といえばベビーピンクのものが多い中で、珍しいのでは、と思います。









a0147056_12413631.jpg
おそらくは地中海産の赤珊瑚ではないでしょうか。日本ではとても高価ですよね。









a0147056_12430077.jpg
環の長さ、約41cm。真っ直ぐにした時の長さ、33cm。小さめなロザリオです。








a0147056_12442966.jpg
クロスの4本それぞれの先には聖母マリアの顔、風景、鳥(鳩?)などが描かれています。珍しいデザインですね。
サイズは3.5cm×2.2cmほどです。









a0147056_12465829.jpg
ルルドの刻印からすると参拝記念の品、でしょうか。








a0147056_12485377.jpg
聖母マリアと薔薇です。









a0147056_12500523.jpg
ルルドの泉、だと思います。









a0147056_12511268.jpg
メーカー名の刻印あり。シルバー800です。時代は1900年前後といったところでしょうか。








a0147056_12544364.jpg
珊瑚のビーズの径は4mmほどです。






a0147056_12555401.jpg
クリスマスにははずせないアイテムです。持っていると、信者でなくても敬虔な気持ちになります。
しかも美しい。







a0147056_12573372.jpg
sold

※セール終了しました。



次回は9日(水)19時アップ予定です。


[PR]
2015年 08月 05日 |
おしらせ。

私事ですが、ただ今家を改修中でして、パソコンが使えない状況になっております。

申し訳ありませんが今週はアップをお休み致します。

来週の12日(水)12時に改めまして素晴らしいアイテムをアップします。


ご期待ください。

ドタキャンしまして申し訳ありません。

「銀の美」

[PR]
2014年 06月 23日 |
おしらせ
都合により25日(水)のアップを延期し、7月2日(水)といたします。
メールの返信も遅れると思います。購入希望のメールは先着順に受け付けです。
勝手に変更して申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

[PR]
2013年 04月 19日 |
おしらせ  


本日アップ予定でしたが、都合により23日に延期いたします。

大変申し訳ありません。


 「銀の実」
[PR]
2013年 01月 01日 |
      
a0147056_11288.jpg





      新年あけましておめでとうございます。
    
      本年も「銀の実」をよろしくお願いいたします。


      今年最初のアップは4日の午後7時を予定しています。
  
      お楽しみに!
[PR]
2012年 01月 21日 |
おしらせ

突然パソコンのディスプレイがこわれてしまいました。
(今別のパソコンで操作しています)
しばらくブログ、メールとも操作できませんので、
お休みといたします。申し訳ありませんが、再開まで
しばらくお待ちくださいませ。

    「銀の実」
[PR]
2011年 08月 20日 |
    お知らせ
8月26日まで「銀の実」をお休みします。

メールにもお答えできませんので、ご了承くださいませ。
[PR]
2011年 01月 01日 |
a0147056_1136129.jpg



              新年、明けましておめでとうございます。

             今年も「銀の実」をよろしくお願いいたします。

[PR]
2010年 06月 09日 |
前回に引き続き、和風の古いものを。

a0147056_8545326.jpg

左上は(多分)幕末の金襴手の八寸皿。煮魚なんかをのせると映えます。
右上は古瀬戸(御深井焼ーおふせやき)の鉢(江戸前~中)。絶妙な形と緑色のポイントが気に入ってます。肌色なので何を載せてもきれいです。
左下はオールドバカラの小鉢です。これは和風ではなかったですね。でも違和感ないんです。
その辺が古いもの同士のいいところ。
右下は明治の古織部です。丸いのがなんの柄かわからなくてずっと気になっています。
井戸?レンコン?とても重いのですが、食卓に置いたときの存在感はすごいです。

a0147056_991013.jpg

そしていつも撮影するときの台となっているのがこの船箪笥。鶴岡の古道具やさんの品です。
北前船に載っていたのでしょうか。傷みがありますが、今のところ古い状態のまま使っています。
右下の扉をカギで開けると、

a0147056_1520530.jpg

引き出しがいっぱい。隠し引き出しも奥にあります。
時々引き出しを出したり入れたりして楽しんでいます。

そして箪笥の上の小さな古銅の香炉(江戸)。

a0147056_15245657.jpg

この能天気な顔が気に入って購入。なごみます。

大体こんなところですね。あとは鉄瓶とか輪島塗のお椀とかが欲しいですね。
ゆっくり探すつもりです。
[PR]
2010年 06月 07日 |
なんとなく思いついて、私がいままで集めてきた「和」のものを載せてみようかな、と。
銀でもないですし、売り物でもないのですが、単に見せたいだけ(?)。

まずは江戸時代の古伊万里(染付)です。

a0147056_12171797.jpg

六寸皿が3枚と、4寸皿、なます皿です。
青一色なのにどれも個性的で、先人のセンスの良さには驚きますね。

ケーキ皿がほしくて6寸のサイズを探しているのですが、あまり出回らないらしく、家族4人用のうち、
残り1枚で止まったまま。なんとか今年のクリスマスまでには、と思っています。
なます皿は使い勝手がよく、これから古伊万里を買いたい方にはオススメです。
価格も抑えめですし。

この中でお気に入りは4寸の藍柿。

a0147056_12225433.jpg

表の花唐草もかわいいのですが、裏のポワンとしたやさしい模様が好きです。

次は古伊万里でも肥蝶山と呼ばれる色絵の大鉢です。

a0147056_1228791.jpg

ドーンとすごいボリュームです。肥蝶山は輸出用で、いかにも日本らしい絵柄が多いのですが、
これはいわゆる里帰り的なものとは違うような気もします。

a0147056_12304518.jpg

派手ではあります。お正月に煮しめを入れたり、中華スープをなみなみと入れたりして使ってます。


私はなんでも使ってこそ、という主義ですので、古伊万里も普段から使っています。
割れたらそれが運命だったんだと思うことにしてます(幸いまだ割ったことはない)。

次回も引き続き「和」で。
[PR]